OpenPNE

現在、マーケティングはもちろん組織運営上も、人と人とがつながるコミュニティがより一層の効果を発揮しています。一般利用者をターゲットとしたオープンなコミュニティから、組織内部に限定したクローズドなコミュニティまで、その形態も様々であり、求められる効果も様々です。

SCSKでは、お客様の考えるコミュニティ環境を、オープンソースSNSソフトウェアとして実績豊富な「OpenPNE」を徹底的にカスタマイズするとともに、既存サイトやデータベースとの連携など、お客様のコミュニティ戦略を具現化するためのシステム全体を構築します。

SCSKのアプローチ

SCSKでは、お客様のコミュニティ戦略のヒアリングからはじめ、コミュニティサイトのコンセプト策定から、デザイン制作も含めサイト全体のシステム構築までを一貫してお手伝いいたします。また、サイト構築にあたり、コミュニティに関するお客様それぞれのポリシーや考え方があり一般的なコミュニティサイトシステムでは実現が困難な場合もあります。どのようなご要件の場合でも、SCSKは、われわれの強みであるシステム構築力を最大限発揮し、お客様に最適なコミュニティサイトを実現してまいります。

お客様の抱える課題・問題点

  • 社内向けの利用者限定コミュニティサイトを構築したい。
  • ECサイトにコミュニティ機能を組み込みたい。
  • マーケティングのためにコミュニティサイトを立ち上げたい。

導入のメリット

  • お客様との関係性強化
  • マーケティングデータの採取
  • 社内情報流通の円滑化
  • 自組織(企業)に対するロイヤルティ向上

OpenPNEの主な機能

コミュニティ
お客様のカテゴリー(セグメント)や、社内の部署などの人で構成するコミュニティを作成することができます。 コミュニティでは、「トピック」によって、一つのテーマに関する意見交換が可能な場を提供します。BtoCの場合には、FAQや新商品情報に関する意見を集めることができます。また社内であれば、社員同士の議論を促進することができます。携帯メールを活用した投稿によって、タイムリーなやりとりができ、メーリングリストのような周知にも活用ができます。また、「イベント」機能によって、コミュニティメンバとの活動を支援します。
日記
利用者の自由な投稿です。写真の投稿や、文字装飾も可能です。 また公開制御もできるので、自分のメモ書きとしても利用できます。
メッセージ
コミュニティ内で1対1の利用者間のやり取りが可能になります。普通のメールに近い機能を有しており、利用者も利用しやすい機能です。自分宛の新着メッセージが届いた場合にはマイホームのページに通知がされるので、新着メッセージの確認も簡単です。 ただ、BtoCに利用する場合には、あまり利用目的が添わないため、機能を隠してしまうといったカスタマイズも可能です。
ユーザ管理
コミュニティに参加する利用者データに対するメンテナンスを行う管理者側の機能です。悪意のある利用者を強制脱退することも可能です。企業内で利用する場合には、あらかじめデータをセットアップしておくカスタマイズもできます。
投稿管理
管理者側で、利用者の投稿内容を検閲でき、公開の制御をおこなうことができます。不適切な画像がアップロードされた際には、公開しないように削除してしまうことができます。また、誹謗・中傷などの悪意のある投稿も制御できます。利用者に安心して利用していただくための機能です。
デザイン
あらかじめ用意されているスキン設定によって、簡単にイメージを変えることができます。 またCSSのカスタマイズで自由なデザインとすることも可能です。
製品イメージ

主なカスタマイズ事例

  • 利用者ログイン情報の企業内社員データベースとの連携
  • SNS以外の機能開発と、その組み込み・連携
  • コミュニティ別に個人プロフィールを設定 ・・・ コミュニティによって設立主旨が異なるため
  • 管理者作成コミュニティと利用者作成コミュニティの区別 ・・・ サイト運営側がコミュニティ全体を誘導するため
  • コミュニティ作成の承認フロー ・・・ サイト全体のコンセプトやポリシーを維持するため
  • 日記機能の削除 ・・・ コミュニティ活動にのみ絞り込むため
  • コミュニティ管理者権限の委譲 ・・・ 管理者不在時にも円滑にコミュニティを運営するため
  • デザインのフルカスタマイズ ・・・ 機能カスタマイズに加え、サイトイメージを踏襲した全面的カスタマイズ