iPhone5s が発売されましたね

小ネタ日誌。

2013年09月20日

iPhone 5s

お久しぶりです。
今日は「iPhone5s/iPhone5c」の発売日。iPhone5sにいたっては、事前予約なく本日発売ということで、初の時事ネタで小ネタを書いてみようと思います。
題して、「iPhone 5sのここがすごいらしい!」

1.パスワード入力なんてもう古い?私の指がカギになる。

iPhone 5sでは指紋認証が導入されたらしい。 というのも、ホームボタンへ指紋認証システム「Touch ID」が搭載され、 ホームボタンに指を触れるだけで、指紋を認識し、ロックが解除されるとのこと。 なんともユーザの使い勝手を考慮された作り。 "iPhoneユーザの約半数はパスコードロック(数字のパスコードを入力してロックを解除)を利用していない"ということが判明してから早数年。 ようやく「Touch ID」が導入されたとか。 この「Touch ID」の導入により、アプリのダウンロードにもパスワード入力がいらなくなるようです。 怖い話!「Touch ID」は切断された指では指紋認証出来ないらしい。・・・いろんな意味で怖い。

2.美白効果?!輝くフラッシュ効果で"きれいに映る"らしい!

iPhone 5sではカメラが賢くなったらしい。 フラッシュ機能「True Tone」を搭載し、白色LEDと今回追加されたアンバー色(琥珀色)のLEDを iPhoneが自動的に光の強さを調整してくれることにより、輝くような光を放つフラッシュによる撮影ができるようになったとのこと。 他にも連写やパノラマ撮影機能なども追加されたようです。 大事な写真ほど、手ブレ、ぼやけてる、暗いor明るすぎ・・・という私には有り難い機能かと。

3.サクサク動いてゲーム機級にゲームが楽しめるらしい!

iPhone 5sでは賢い処理能力・高速な処理速度でゲームが楽しめるらしい。 高速CPU「A7」を搭載され、処理速度・処理能力は最新のデスクトップPCレベルとのこと。 ゲームコメンテータによれば、iPhoneでゲーム機のコントローラーみたいな"操作感"を体験できるか追求中らしい。 ・・・私自身、あまりゲームをしないのでわからない・・・。

4.電池、持たせますんで by iPhone 5s。

iPhone 5sではバッテリーの持ちが改善されたらしい。 モーション・コプロセッサー「M7」を搭載され、"バックグラウンド"で、所有者が歩いているとか、 走っているか、クルマに乗っているといった情報を計測できるようになったとのこと。 これにより、メインCPUの「A7」を動かさずにすむので、電池の消耗が抑えられるとのこと。 収集した情報は、Wi-Fi検索・接続の判断材料となったり、ネットワークへのアクセス制御をしたりと、バッテリーの節約に役立つらしい。 私としては、Wi-Fi検索・接続有無の判断は便利!やっぱり電池が持ってこそ、スマホの意味があるかと!他にも色々と改善されたようです。

見た目も変わった「iPhone 5s」!

編集後記

Apple製品をひとつも持っておらずdocomo一筋な私にとって、iPhoneは未知の世界。 国内利用者をターゲットユーザとするお客様のサービスを担当することの多いWEBSASにとっては、 "docomoのiPhone参入はきっと何かに影響があるはず!"とふわっとした動機で調べてみました。 機能的には申し分ないし、軽量化されてカメラが使いやすくなってdocomoのまま利用できるとのことで iPhoneへの興味は急激にUPしました。"iPhone5s"ゲット?と思いきや、先日機種変更を行ったばかりの私は、 iPhoneへの機種変更は当分先になりそうです。 同時発売されたiPhone5cやiPhone5sをゲットしたWEBSASメンバーを見つけたら、続編を書いてみようと思います。

WEBSASのBIG3による対談企画や、小ネタ編集長の師匠のブログ?!も公開予定なので、お楽しみに。