マーケティング・テクノロジーフェア 2017 に参加してきました。

小ネタ日誌。

2017年02月22日

マーケティング・テクノロジーフェア 2017

こんにちは。
先日、マーケティング・テクノロジーフェア 2017に参加してきました。

「マーケティング・テクノロジーフェア 2017」は、市場、顧客の創造からリピーターの醸成までBtoB、BtoCを問わず、最新のテクノロジーとマーケティングを成功に導くノウハウが集結する国内最大級のマーケティングイベントです。

2017年2月14日~15日(2日間)に東京ビックサイトで開催されました。「イーコマースEXPO 2017 東京」も同時開催されていましたので、そちらも覗いてみました。

最新のテクノロジーが集結!

会場を見渡していると、なんと「AI」「IoT」「VR」関連の製品が多数展示されているではありませんか。
(「パーソナライズ動画」や、「ウェアラブルデバイス」を利用したサービスもありましたね)

まだバズワードとして飛び交っている状態といってもおかしくないと思うのですが、早々と出展されていることに驚きです。

会場の熱気もすごく、デジタルマーケティングが非常に重要視されていると感じました。

ここではセミナーやブースで学んだ体験記を簡単にご紹介します。

キーワードは「顧客体験の向上」

今やどの業種のどの企業にとっても、顧客との関係構築をよりよいものとし、継続してアプローチしていくことは必須といえるのでないでしょうか。

「どうすれば顧客エンゲージメントを強化できるのか」「どうやって有益なコンテンツをユーザに適切に届けることができるのか」など、 顧客体験を向上させるためのマーケティング手法のノウハウを紹介するセミナーが多数開催されていました。

私が参加したセミナーを紹介します。(AIに注目していたので、AI関連のセミナー中心に受講してみました)

  • コンテンツ活用で広がる新たなマーケティングの可能性  |ヤフー
  • オムニチャネル×AIで実現する次世代のカスタマーエクスペリエンスとは  |NEC
  • 機械学習と個客心理に基づくコミュニケーション・シナリオ  |Nexal
  • ビッグデータ×AIによるデジタルマーケティング  |日本オラクル

マーケティング担当者に向けての内容がメインのため、ついていくのがやっとでしたが、
デジタルデータを駆使して仮説・予測を立て、迅速にユーザとのコミュニケーションを図ることが重要だと感じました。

今後はAI(機械学習)技術の活用によって、ユーザおよびユーザを取り巻くありとあらゆる情報が関連付けられ、ユーザエクスペリエンスが大幅に進化することが予測されますので、
この先(といっても近い将来)どういった製品・サービスが登場してくるのか、注目していきたいと思います。

ブース紹介

私が立ち寄ったブースの一部を紹介させて頂きます。どのブースも盛況でした。

また、去年弊社がパートナーとなったサイトコア様も出展されていました。
当Webサイトでも 紹介していますので、よかったらご覧になって下さいね。

忘れてはいけないこと

最新のテクノロジーが集結する中、ふとこんなことを思うわけです。
「これから先、多種多様で高機能なツールが生まれ続けて、そのツールがデジタルマーケティングの課題をすべて解決してくれるようになるのか」と。

答えは、きっとノーでしょう。ツールはあくまでツールであり、データとはあくまでも過去の結果でしかないのです。

いろんなデータを取得できる時代になりましたが、忘れていけないのが、インターネットを利用する人々の人生や自己実現の思いだと思います。
マーケティングの成功には、その思いをしっかりと捉えて、コンテンツにフォーカスしたストーリーを"人の手で"考え抜くことが重要であり、この観点はマーケターに限らず、我々SIerも忘れてはいけないと思いました。

次回は、Japan IT Week 春 2017に参加予定です。レポートお楽しみに。