『Sitecore Symposium 2018』の体験レポート

小ネタ日誌。

2018年10月29日

『Sitecore Symposium 2018』体験レポート

2018/10/08~10/11にかけてフロリダ州オーランドで行われた『Sitecore Symposium 2018』に弊社から二名参加してきましたので、簡単に体験レポートを載せてみたいと思います。

『Sitecore Symposium 2018』体験レポート

オーランドへは日本からの直行便がなく、乗り継ぎ含めると東京から16時間~18時間以上かかります。

今回は成田からダラス経由でオーランド国際空港に入りました。

『Sitecore Symposium 2018』体験レポート

会場となるホテルは、オーランドのWalt Disney World内にあるスワン&ドルフィンリゾートホテル。

スワンとドルフィンという二つのホテルでできており、セッション会場もそれにまたがっています。

非常に広い会場で、セッションの選び方によっては移動時間がとてもかかります。

『Sitecore Symposium 2018』体験レポート

会場となるホテルはまさにSymposium一色になっていました。

『Sitecore Symposium 2018』体験レポート

Registrationです。到着したらまずここで受付を行います。

3,000人以上の参加者なのでピーク時は混みあいますが、我々は初日朝一番の7時に受付を行いましたので、結構空いてました。

『Sitecore Symposium 2018』体験レポート

受付をすると首から下げる名前、会社名入りのバッジをもらえます。

期間中、会場内では必ずこのバッジを下げておく必要があります。

『Sitecore Symposium 2018』体験レポート

今回の来場者プレゼントはカジュアルなジャケットでした。左肩にワンポイントでSitecoreのロゴが入っています。

ちなみに昨年ラスベガスのときはバッグでした。

『Sitecore Symposium 2018』体験レポート

オープニング基調講演がはじまります。

派手な演出からCEOのMark Frostが登場しました。

『Sitecore Symposium 2018』体験レポート

基調講演の様子です。様々な事例や戦略の発表がありました。

『Sitecore Symposium 2018』体験レポート

今回の目玉発表はSTYLELABS社とのM&A。

これにより、SitecoreにPIM(product information management)、DAM(digital asset management)、MRM(marketing resource management)などの機能が搭載されることになります。

詳細はこちら

『Sitecore Symposium 2018』体験レポート

個別のBreakout Sessionでは、Sitecore社やパートナーから様々な事例や取り組みが発表されていました。

今回のSymposiumから、基調講演含め、いくつかのSessionでは日本語の同時通訳も行われました。

『Sitecore Symposium 2018』体験レポート

朝食、昼食も会場に用意されています。

バイキング形式で好きなだけ食べることができます。

とても広い会場ですが、ほとんどの参加者がここで食事をとっていますのでピーク時は混みあいます。

『Sitecore Symposium 2018』体験レポート

パートナーパビリオン会場です。たくさんのグローバルパートナーがSitecoreを活用した様々な事例やソリューションを展示していました。

『Sitecore Symposium 2018』体験レポート

最終日前夜には『UNIVERSAL Orlando RESORT』を丸ごと貸し切って恒例のパーティーが催されました。

一般のお客さんは全員退場した後でしたが、3,000人超のSymposium参加者とSitecore社のスタッフがほとんど参加していただめ、非常に賑やかな宴でした。

飲食もオールフリーで、パーク内の乗り物も待ち時間なしで乗り放題だったため、参加者たちは一様に盛り上がっていました。

『Sitecore Symposium 2018』体験レポート

非常に濃密であっという間の4日間でした。

今回得た情報を活用し、Sitecoreジャパンの方々とともに日本のデジタルマーケティング市場を盛り上げていきたいと思います。