AWS CloudWatchを利用したWebサイト運用効率化

Amazon CloudWatch

AWSでは各サーバのリソース状況をAWS管理コンソールで確認出来ますが、複数のサーバを管理する場合、各サーバのリソースを一つ一つ確認するのは運用負荷が高くなってしまいます。

そこで、AWSのCloudWatchを利用した運用効率化の施策として、CloudWatchダッシュボードの活用例を紹介したいと思います。

<具体的には以下のような運用を行っている方に有効な施策です。>

  • AWS上で複数のサーバを構築している
  • サーバのリソース状況を定期的にチェックしたい

CloudWatchとは

AWSで提供されているEC2やRDSなどのリソース状況を確認出来るツールです。

サーバ単独のリソースであれば、CloudWatchを使わずとも確認出来ますが、サーバのリソース状況を横断的に確認したり、古いデータをみたい時に便利です。

CloudWatchでのリソース確認方法

まずはCloudWatchにどういったメトリクス(指標)があるのかを確認します。

AWSのコンソールから「CloudWatch>メトリクス」の順に遷移します。メトリクスはEBS、EC2などのAWSサービスの区分でカテゴライズされています。RDSを利用していれば、ここのRDSのカテゴリも表示されます。

メトリクスで「EC2>インスタンス別メトリクス」に遷移して任意のメトリクスを選択すると、以下のように自動でグラフ化が表示されます。グラフ生成の統計軸(平均、最小値、最大値)や間隔(1分、5分、1時間)は色々調整出来るので、見やすい軸に調整してください。ここではEC2インスタンスのCPU使用率を選択していますが、色々なメトリクスを選択して、運用に使えそうな指標を試してください。

CloudWatchダッシュボードの活用例

先にご紹介したメトリクスでもリソース状況を確認出来ますが、CloudWatchにアクセスする度にメトリクスを選択するのは非常に手間が掛かるので、ダッシュボードを活用します。

ダッシュボードを利用すると、自分がよく見るメトリクスを1箇所で確認することが出来ます。

ダッシュボードの作成ボタンを押して任意の名称をセットして、ダッシュボードを作成します。

作成すると、ウィジェットと呼ばれるパーツの作成を促されるので、1つ選択します。

例えば、行を選択するとメトリクスの設定画面が開くので、そこでEC2のCPU使用率などを選択します。

ウィジェットの作成が完成すると、ダッシュボードにウィジェットが1つ置かれている状態になります。

ウィジェットの位置や大きさは自由に選べるので、好きな大きさに変更します。

あとは、他のメトリクスをどんどん追加していきます。グラフだけでなく、数値やテキストなどもあるので、見やすいようにレイアウトを整えたり、テキストを入れて補足説明を入れたりすると便利です。

※最後ダッシュボードの保存ボタンを押すの忘れないようにご注意下さい。

以下のような項目があると運用で便利なので、ダッシュボードに含めて活用してみて下さい。

  • CPUの負荷状況
  • DBコネクション数
  • ディスク使用率
  • レスポンスコード
  • フロントサイトの応答速度