<シリーズ05>「ダイナミックアプリ」の社内勉強会を開催しました。

WEBSASチームスタッフ

2012/11/02(金)弊社オフィスにて、株式会社ジークス 林様、酒井様(以下、ジークスと記載)にお越し頂き、ダイナミックアプリをご紹介いただきました。

2012年11月07日 WEBSAS 広報

ダイナミックアプリとは、HTML5でスマートフォンアプリを開発できる開発フレームワークとのことで、このダイナミックアプリを利用すれば、HTML5のコンテンツを開発するだけで、iOSとAndroidに対応したアプリを作ることができるそうです。
また、APIの種類が豊富なところも魅力です。この提供されているJavaScriptをHTML5に組み込むことで、WEBアプリケーションでは難しいデバイス特有のカメラや音声・動画、日本向けスマートフォン特有のFeliCaやBluetooth機能を利用したアプリも簡単に作ることができるそうです。


banner_zyyx_DynamicApp_large

株式会社ジークス 林様、酒井様からのメッセージ

このたびは、弊社で企画/開発したスマホ向け開発フレームワークであるダイナミックアプリをご利用いただきどうもありがとうございます。
ダイナミックアプリは、元々弊社のエンジニアが効率的なスマホアプリ開発のために独自に開発/利用していたものでした。それをスマホアプリ開発のニーズ拡大に向けて、製品化するべく整理/開発したものです。今後もどんどん機能を拡張して行く予定です。またWindowsPhone対応も進めています。
ぜひこれからも引き続きご利用いただき、いろんな意見を頂戴できれば幸いです。

株式会社ジークス | ダイナミックアプリのご紹介 http://www.dynamic-app.net/

編集後記

終始和やかな雰囲気で開催され、弊社の質問にも快く答えて頂きました。
私もジークスさんのサイトからサンプルアプリをダウンロードさせて頂きました。早速、ダイナミックアプリを使うとどんな動きが簡単に実現できるのか、HTML5との相性はどうなんだろう・・・といったところをサンプルアプリで勉強させて頂きます。
引き続き、ジークスさんのダイナミックアプリに密着していきたいと思います。