<シリーズ06>Vol.2 スマートフォン最適化の方法は?

WEBSASで実現する「スマートフォンへの最適化」。数々の案件から見えてきたHOW-TOをお届けするコラムです!

2016年01月29日 WEBSAS 広報

スマートフォンへの最適化の必要性についてはVol.1で紹介しました。
それではスマートフォンへの最適化をするには、どのような種類があるのでしょうか。

スマートフォンへの最適化はどうやって?

大きく分けて3つのやり方があります。

  1. 1.スクラッチでスマートフォン用サイトを構築する
  2. 2.レスポンシブWebデザインを導入し、PC、スマートフォンでの表示を1ソースで行う
  3. 3.変換ソフト/サービスを利用し、現在のPCサイトをスマートフォン用に変換する

それぞれを詳しく見ていきましょう。

1.スクラッチ開発

スマートフォン用に新しくサイトを作成するやり方です。
デザインを自由に作りたいときはこの方法が最適です。
一方、新しくサイトを作成する分、時間やコスト面での負担が大きくなります。
また、運用に際しても、PC、スマートフォンそれぞれの運用が必要になってくるため、労力が必要になります。

2.レスポンシブWebデザイン

共通のHTMLソースを1つ用意し、画面サイズ毎にCSSを分けてデザインを変えることで、PCとスマートフォンの両方に対応します。 『静的で、ボリュームが比較的小さく、PCとスマートフォンでコンテンツ量が同じサイト』には最適です。
スクラッチに比べて導入までの時間は少ないものの、設計の難易度は高く、デザインはPC版のページに強く影響を受けます。また、運用に際して、ページの構成を変える際にCSSの深い知識が必要になってくるなど、デメリットもあります。

3.変換ソフト/サービスを利用する

変換ソフト/サービスを利用しPCサイトの画面デザインをスマートフォン用に変換します。
『大規模で動的なサイト、画像を多用した更新頻度の高いサイト』に向いています。
アプリケーションの開発が不要で、デザインもスマートフォン専用に作ることができます。

それぞれのやり方のメリット・デメリットやどのようなサイトに適しているかをまとめると下記のようになります。

まとめ

  • ・スマートフォンへの最適化には3つのやり方があり、それぞれメリット、デメリットがある
  • ・自分のサイトがどのやり方にむいているのかの選定が必要

次回は変換ソフト/サービスについてお話しします。