<シリーズ06>Vol.3 スマートフォン用変換ソフト/サービスについて

WEBSASで実現する「スマートフォンへの最適化」。数々の案件から見えてきたHOW-TOをお届けするコラムです!

2016年05月31日 WEBSAS 広報

前回は「スマートフォン対応の必要性」、「スマートフォン対応の種類」についてお話しをしました。
今回はPCサイトをスマートフォン用に変換するソフト/サービスについてお話しをします。

どんなスマートフォン用変換ソフト/サービスがあるの?

代表例として3つのサービスをご紹介します。

  1. 1.GeneCode
  2. 2.モバイルコンバート
  3. 3.モバイル・エムケー・リライトスタイル

それぞれを詳しく見ていきましょう。

1.GeneCode

GeneCodeは株式会社シンメトリックが開発、提供しているサービスです。変換はお客様がテンプレート作成を行うことで行われ、テンプレート作成のためにFire Fox Add-onにてGUIが提供されています。また、細かい調整などGUIの利用に制限される部分もありますが、高いデザインの自由度が特徴と言えます。

2.モバイルコンバート

モバイルコンバートは株式会社エムティーアイが開発、提供しているサービスです。HTML / CSS/ JavaScriptなどによるテンプレート開発を行うことで変換が行われるため、開発担当者には初級プログラマベースのコード作成が必要となり、初期開発時などは難易度が高いと思われます。難易度の一方、コードを自由に作成できるため、表現の自由度は高いものとなっています。

3.モバイル・エムケー・リライトスタイル

モバイル・エムケー・リライトスタイルはトランス・コスモス株式会社が開発、提供しているサービスです。テンプレート作成はトランス・コスモス株式会社が行うため、負担はありませんが、デザインの幅が少なく、コンテンツをスマホ用に変換することのみに特化しています。変換そのものをライトに行うため、デザイン性を持たないページ数の少ないサイトなどに適している。

それぞれのやり方のメリット・デメリットやどのようなサイトに適しているかをまとめると下記のようになります。

スマートフォン用変換ソフト/サービス各社比較

まとめ

  • ・スマートフォン用変換ソフト/サービスにもそれぞれ長所、短所がある
  • ・自分のサイトがどのやり方にむいているのかの選定が必要