顧客体験設計

製品・サービスの表面的・物理的な機能や品質だけでなく、それに触れる前段階からの期待値や利用後の感想など、その製品・サービスに関わる顧客の全ての情緒を「顧客体験」として、満足度を生み出す体験を設計する必要があります。

ユーザの現状把握

前工程のユーザ調査によって得た調査結果をもとに、Webサイトのターゲットとなるユーザ像を明確にし、課題やニーズなどをプロジェクトメンバー全員で共有します。

カスタマージャーニーマップ

カスタマージャーニーマップ

ペルソナ

ペルソナ

ワークショップ

プロジェクトメンバー全員(貴社業務部門ご担当者、情報システムご担当者、弊社メンバーなど)でワークショップを開催し、メンバー全員が分析プロセスを体験し、納得感を得ることができる。ペルソナ、カスタマージャーニーマップをアウトプットとする。

UXシナリオ設計(UXデザイン)

前工程で確認したビジネス要件、サイト分析結果、ユーザの現状(カスタマージャーニーマップ、ペルソナ)を元にKPIを決定します

ワークショップ

ユーザの現状把握と同様、プロジェクトメンバー全員でのワークショップを開催する。アウトプットはリーンキャンバス、または目標値(KPI)を含めたコンセプトダイヤグラム。

  • リーンキャンバス:書籍「Running Lean」に掲載されている、ビジネスモデルの企画のためのツール
  • コンセプトダイアグラム:サイトの全体像を図解化して分析を行う手法
リーンキャンバス

リーンキャンバス

コンセプトダイアグラム

コンセプトダイアグラム