Vol.5 ブラウザシェアレポート

小ネタ日誌。

2016年01月04日

今回は、Vol.4続編として、2015年9月~11月における世界のOS&ブラウザのシェアをレポートします。

※グラフはクリックすると拡大表示されます。

世界のモバイル

OSシェア

Android(65.7%)、iOS(20.0%)、Windows PhoneやBlackBerry OSは2%以下という結果になりました。
iOSが主流な日本国内とは異なり、Androidの利用比率が高く、3人に2人は利用者のようです。

世界のモバイルOSシェア

ブラウザシェア

Chrome(37.4%)、Safai(18.0%)、UCブラウザ(17.0%)、Androidブラウザ(11.8%)、Opera(11.3%)、IE MobileやBlackBerry他はそれぞれ2%以下という結果になりました。
日本国内の結果ではみられない「UCブラウザ」が出てきました。中国で主流ブラウザであることもあり、サイトターゲットによってはUCブラウザへの対応も必要になりそうですね。

世界のモバイルブラウザシェア

世界のタブレット

OSシェア

iOS(66.3%)、Android(31.5%)、Windowsは1.0%以下という結果になりました。
日本国内と同様、タブレットのシェアはiOS製品が主流であり、Windows製品はあまり流通していないようです。

世界のタブレットOSシェア

ブラウザシェア

Safai(61.0%)、Androidブラウザ(18.0%)、Chrome(15.5%)という結果になりました。
日本国内と同様、タブレットブラウザはSafariが主要ブラウザのようです。

世界のタブレットブラウザシェア

世界のデスクトップ

OSシェア

Windows 7(49.3%)、Windows 8.1(13.0%)、Windows 10(10.2%)、OS X(9.4%)、Windows XP(8.5%)という結果となりました。
日本とは異なりWindowsのシェアがかなり高いことがわかります。

世界のデスクトップOSシェア

ブラウザシェア

Chrome(57.5%)、FireFox(15.9%)、IE11(11.3%)、SafariやIE Edgeはそれぞれ3%以下という結果になりました。
日本国内と異なり、FireFoxのシェアがIEを上回る結果になっています。

世界のデスクトップブラウザシェア

編集後記

今回は、世界市場も知るべく、世界全体からのWebアクセスを対象に、OS&ブラウザのシェアをレポーティングしてみました。
タブレットにはiOS+Safari優勢という共通点がみられるものの、デスクトップ、モバイルでは世界全体と日本国内では傾向が異なるということがわかりました。多言語対応サイトの場合には、ターゲットとする国で利用されるOSやブラウザを調査した上で、適切な対応をとる必要がありそうですね。

バックナンバー