サービス

Webサイト運用

MAINTENANCE

image

コンテンツ運用

常に最新のトレンドを取り入れ、サイトを活性化するには、継続的なコンテンツ更新が不可欠です。
しかしこまめなコンテンツ更新は業務負荷が高く、運用を続けることが難しい場合などが多々あります。そのようなお悩みをお持ちのお客様に代わり、コンテンツのデザイン・画像制作、HTML作成から更新まで、コンテンツ運用全般の業務をご提供いたします。単純な運用作業をWEBSASにお任せいただくことで、貴社のリソースをサービスの企画やマーケティングなどのコア業務に集中できるメリットがあります。

コンテンツ運用の重要性

サイトを運用し活用するにはコンテンツ運用は不可欠です

サイトのリニューアルはブランディングや機能追加などを考慮しどの企業でも実施がされます。
しかしサイトを活かすのは運用です。
リニューアルしてどんなにUI/UX、デザイン、機能、コンテンツを揃えても、コンテンツの追加や更新頻度が低いサイトへのユーザーの流入は望めません。いつ来ても更新がないサイトはユーザーの関心を得ることが難しくなります。
サイトへ訪問してくれたユーザーに対しては必要かつ継続的に得られる情報を、これから訪問してほしいユーザーに対しては興味が持てる情報の提供をする。
これを続けていくことで初めてサイトを活用することができるようになります。

コンテンツ運用

なぜコンテンツ運用が行えなくなるのか。

コンテンツ運用や改善活動が重要であることは、担当者はわかっていて、そして活動をされています。

運用を維持していくためには、「コンテンツ」と「運用体制」の2つの軸が必要です。
例えば特集記事を公開しようとした場合以下のような流れとなります。

step1


企画

 

step2


ライティング

 

step3


デザイン

 

step4


コンテンツ
登録/公開

 

step5


コンテンツの
反響を確認

この結果出来上がるのが「コンテンツ」です。そしてこのステップにはそれぞれの作業を担う人がいます。これが「運用体制」になります。
ニュース記事の様に型が決まっている場合デザインの検討は不要ですが、記事をライティングしそれを登録/公開する作業は必要です。
また、公開後のコンテンツの反響やサイトへの影響などを分析し次の企画へFBしていくこと。これも重要です。

質のいいコンテンツのライティングやデザインは専門の担当者へ依頼することが望ましいですが、企業内でコンテンツ運用が兼務となっている場合が多く、この体制を整えることが大きな負担となってきます。

サイトがその役割を発揮できる体制を社内で整え運用していくことが難しい場合、専門のサービスの活用を検討してはいかがでしょうか。

このような悩みをWEBSASのコンテンツ運用メニューが解決します。

WEBSASのコンテンツ運用サービス

編集局を立ち上げ、Webサイト運用のサポートを行います。

コンテンツ運用サービス

  1. 定型コンテンツ運用サービス
    お知らせやニュースなどの形式の決まっているコンテンツの作成を行います。
    記事作成依頼用のフォーマットに沿い、記事の内容や画像をご提供頂きます。
    依頼書を元にコンテンツを作成いたします。
  2. キャンペーンコンテンツ、LPコンテンツ運用サービス
    キャンペーンなどイベントや特集コンテンツなどの作成を行います。
    企画、記事内容を元に、UI/UXを考慮したデザインの検討いたします。
    デザイン確定後コンテンツを作成いたします。
  3. SEO対応 コンテンツライティングサービス
    SEOを考慮したコンテンツの作成を行います。
    単にライティングするのではなく、サイトへ効率よく誘導させるためのコンテンツをキーワードから検討し、骨子の作成、ライティングを行います。
  4. メルマガ配信業務運用
    メルマガ配信依頼用のフォーマットに沿い、コンテンツの内容や画像をご提供頂きます。
    メルマガ配信用コンテンツを作成し、配信を行います。

アクセス解析サービス

  1. GAによる月次レポート作成
    GAを確認し以下のような観点で月次の定型レポートを作成します。
    • 月間アクセスデータ推移
      (セッション数、ユーザー数、新規ユーザー、リピートユーザー、ページ/セッション、直帰率、離脱率)
    • 流入元レポート(流入元サイト、流入キーワード)
    • アクセス上位コンテンツ
    • 各カテゴリ別アクセスレポート(PV数、ページ別訪問数)
  2. 会員数推移レポート
    WEBSASで導入された会員サイトの会員数について月次のレポートを作成します。
    • 会員数の推移(累計、新規、職種などあれば分類ごとに実施)
    • セミナー等への申込数
  3. アクセス解析と改善提案
    対象サイトのアクセス解析を行い、サイト構造やコンテンツに対する改善の提案を行います。
    コンサルタントによるアクセス解析と改善提案をサイトの特性に合わせ、月次、回数/年などでご提供をします。

コンテンツ運用開始までの流れ

ご依頼後コンテンツ運用を開始するまでの流れ(例)となります。

業務移行計画書
構築スケジュール策定
 
 
 
制作ガイドライン更新
  • 現在の制作ガイドラインの入手
  • 品質管理設計
  • セキュリティ関連
業務設計
  • 現状業務の把握(習得)
  • 情報入手ルート確保とルール策定
要員アサイン
  • スキル定義
  • 運用体制設計
フォーマット作成
  • 製品情報更新用フォーマット
  • コンテンツ作成用フォーマット
  • トレーニングカリキュラム/トレーニングマニュアル作成
 
トレーニング/OJT
 
運用開始
コンテンツ運用開始までの流れ

サービス例

  1. コンテンツ、機能の新規作成および修正・変更
    ・メールによる作業依頼
    ・作業内容確認および調整、作業内容確定
    ・作業実施
  2. 機能の新規作成および修正・変更
    ・メールによる作業依頼
    ・作業内容確認および調整、作業内容確定
    ・作業実施
  3. レポート報告(月次)
    ・メールによる報告書提出

こんなお客様に

  • コンテンツ更新作業の負荷が高い
  • 社内のリソースが不足している
  • Webのトレンドが追い切れない
  • 魅力的なコンテンツを制作して欲しい

効果・ポイント

  • コンテンツ更新作業負荷の低減
  • 社内リソースを企画・マーケティングなどのコア業務に集中できる
  • 定期的なコンサルティングによる継続的なWebサイトの改善
  • プロのクリエイティブによるコンテンツの均質化